ホーム > 製品情報 > ICカード/バーコードロッカー

ICカード/バーコードロッカー NC-IT

ローコスト化達成。キーレス&コインロッカー NC-IT登場

信頼の国内生産、電子制御ならではのハイセキュリティで安心、安全、快適

タッチパネルから簡単操作

大型液晶画面のわかり易いグラフィックをタッチ操作して、どなたでも簡単にご利用できます。
音声案内で更に使いやすく補助致します。

レシートのバーコードをかざすだけで扉が開く

コインで利用のとき、レシートに印字されているバーコードが鍵になって扉が開き、荷物を取り出すことができます。

コイン&ICカードでキーレス

ICカードをタッチするだけでキャッシュレス&キーレスで簡単に利用ができます。
もちろん、コインでも利用できます。

NC-ITロッカー設置写真

NC-ITロッカー設置例(空港)

主な仕様
操作部 8インチタッチパネル付き液晶表示
音声ガイダンス(日本語、英語、中国語、韓国語)
顔認識付きカメラ(防犯カメラ兼用)
ICカード読み取り部
レシート発行部
バーコード読み取り
コイン投入部
制御部 ICカードのID認証と残高照会機能
電気錠遠隔操作機能
ノーマルクローズ/ノーマルオープン切り替え
最大24ボックスまで制御可能(48ボックスまで拡張可)
金種 100円、500円(両替機搭載により千円札利用可)
停電対応 停電検知機能によりデータバックアップ(UPS搭載)
電源 AC100V(1A)
その他 管理者用別途保管表示機能
各種管理機能(一斉施解錠、個別施解錠、各種集計等)
  • 機能、デザイン、仕様等は予告無く変更する場合があります。
  • NC-ITは(株)豊田自動織機より供給を受けた製品です。
    (株)豊田自動織機の品質管理をパスしたキーレスロッカーです。

NC-ITロッカー設置写真

NC-ITロッカー設置例(駅ビル)

他社に先駆けてローコスト化を実現

安いのは品質を下げているから?・・・いいえ!
経験から導き出されたエレガントな発想の集約です

 当社は平成15年、複数の提携業者様のご協力のもと、業界に先駆けてMicrosoft(R)Windows(R)2000上で動作するプログラムと電子錠を同期させることに成功しました。その技術をベースにして完成したバーコードレシート式コインロッカー「NX」は、当社のフラグシップと呼ぶにふさわしい高性能ロッカーでした。主な機能として、常時扉クローズ運用(現在でもICカード対応でこの運用ができるのは当社だけです)、紙幣対応及び釣り銭機能、大型タッチパネル、PHS回線を用いての完全リモートコントロール、クラウド時代を見据えたインターネットブラウザ経由での管理操作及びログ抽出、停電時のバッテリー動作+オートシャットダウン、磁気情報を登録させることにより段階的な管理レベルを設定できるメンテナンスカード、携帯電話をロッカーキーにする機能等々。

NC-ITロッカー設置写真

NC-ITロッカー設置例(駅)

 このロッカーは合計50セットを全国各地に設置させていただき、おかげさまで好評をいただいておりましたが、現場とお客様との綿密なやりとりの結果、ユーザー様にとって本当に必要な機能とそうでない機能がはっきりと見えてきました。
 例えば、電子錠へのアドレス割り当て機能、通信シリアルインターフェース基板。これらは電子ロッカーには必要不可欠なものか?答えは「NO」です。これらの装置は、一つのユニットで何十~何百といった多数の扉を制御するためには理想的です。しかし、キーレスロッカーの場合、ロッカー利用客が利用しようとする扉が、制御ユニットから離れれば離れるほど荷物取り違えの危険性が増してゆきます。そのため、制御一ユニットにつき24口、多くとも32口が安全に運用できる限界扉数となるのです。私達はこの場合、制御機と電子錠間をパラレル接続でつなぐP2P方式が最もトラブルが少なく、直感的運用が可能。かつ電子錠一つ一つに割高な通信変換基板を持たせる必要がないため、ロッカーの口数が増えれば増えるほどローコスト化がはかれるという事に気がつきました。
 また、リモートコントロールによる遠隔制御ですが、ロッカートラブルの99%がプログラムのアルゴリズムを洗練させることと、現場管理者への対応マニュアルを徹底することで解決可能。そして残された本当に遠隔操作が必要になるようなトラブルは、ハードウェアの問題が大半のため、通信すらできなくなり、技術者が直接現地に赴くことになります・・・。このような年に一度使うか使わないかの機能に限りあるシステムリソースを割り当てるのは無駄との結論に至りました。
 他にも大小さまざまな発見からの改良を重ね、キーレスロッカーに真面目に取り組んではや7年。このNC-ITロッカーが当社にとってキーレス第三世代ロッカーとなります。ICカード精算が主流になりつつある現在、他社が電子ロッカーなのだから当然と言わんばかりに巨大で複雑なコンポーネントシステムを打ち出す中、当社はその一歩先をゆくコンパクト、シンプルでローコスト、何より安全なロッカーを自信を持って提供することができるのです。

NC-ITロッカー設置写真

NC-ITロッカー設置例(駅)

>> PAGE TOP

NC-ITの特徴

構成の簡素化

経年劣化すると不良動作の原因にもなる過剰なメカニカル機構を抑えてローコスト化をはかりました。故障知らずで、しかも頑丈です。…テロ対策万全!

ノーマルオープン又はノーマルクローズ

ロケーションや管理に合わせて自由に切り替えて運用ができます。

ノーマルオープン
未使用時常に扉が開いている。
1日に1.5回転以上利用される場所。
いたずらなどが少ない場所。
ノーマルクローズ
未使用時常に扉が閉じている。
ICカードやコイン投入後に初めて扉が開き利用ができる。
そのためゴミや爆発物は簡単に入れられない。

千円札使用可能

自動補給両替機搭載で千円札でも利用できます。

防犯・顔認識装置カメラ内蔵

扉を開くと同時に顔認識装置が作動しますので不正利用やテロ対策に確実に対応できます。

NC-ITロッカーレシートキー

レシートキー(硬貨で使用の場合)

 安全性を高めた13桁コード。
 取出し時の認証は、レシートのバーコード部分をセンサーにかざせば一瞬です。